日本焚火学会は1993年に広島県佐伯郡湯来町(当時)で生まれました。
焚火を囲んで、いろいろなものを

 暖めたり、  焼いたり、  焦がしたり、  くぶしたり、  照らしたり 

している間に、とうとう23年。
いまや公称自称の支部が各地に開設され、会員の数はもうはかり知れません。

inserted by FC2 system