このサイトは Google Chrome に最適化されています。 ほとんどのブラウザで見ることができますが、IEだけは保証できません。

お知らせ

最近の更新

2017年大会は、こうします

日時・場所

日時  2017年10月7日(土曜日)午後4時頃から夜半まで

当日の準備は、午前9時頃から行っています。

場所  本部焚き場(広島市佐伯区湯来町麦谷968)

本部焚き場案内図

会費  無料

ただし、会場内での飲食の購入には「焚」が必要です。「焚」は受付で両替できます。
ただし、飲食は豊富ではありません。ちゃんと飲み食いされたい方は、どうぞご自由にお持込ください。

「焚」について

雨天  決行 雪天 結構

日本焚火学会の催しを天候を理由に中止したことは、これまで一度もありません。
万が一大雨の場合でも、大雨の中での焚火という貴重な体験ができます。
雪なら、もっとすばらしい体験ができます。

こんなよいことがあります

○ 薪を割って焚火をします。
○ 焚火について、しみじみと語り合うことができます。

それ以外によいことはありません。

自動車で来られる方へ

駐車場をこちらに用意しました。
画像をクリックすると拡大されます。
会場付近の道路は、ご近所の迷惑になりますので、駐車場に止めてください。会場へは徒歩2〜3分です。
駐車場は、増える可能性があります。直前にこのページをチェックしていただくか、会場の受付でお尋ねください。

研究発表をされる方へ

日ごろの焚火研鑽の成果や、焚火関連の研究成果を発表される方は、歓迎します。プロジェクタとパソコンは用意していますので、USBメモリかCDなどでデータをお持ちいただければ、発表いただけます。もちろん、もっとローテクで発表していただければ、そちらのほうが焚火学会らしくなりますので、さらに大歓迎です。

宿泊される方へ

前日または当日宿泊される方は、ご連絡いただければ宿泊棟、テント、大型テントのご利用が可能です。
いずれも、冬用のシュラフか毛布をご自分で用意してきてください。

<宿泊棟>

快適なベッドがひとつあります。無理すれば2名宿泊できます。ただし、1号炉の前にあるので、夜中まで騒がしいかもしれません。

<テント>

テントの貸出をいたします。大きな(5〜6名用)のが2張、小さな(2名用)のが4張あります。必要な方はお早めに。
テントは、本部サイトの裏に特設サイトを設けてあります。こちらは静かに星空を観賞できるかもしれません。雨天の場合は場所を変えます。

ちゃんと干したのでご心配なく。左が2名用、右が5〜6名用

<大型テント>

大型のテントを用意してあります。こちらは、8名くらいが泊まれます。ベッドつき。
雑魚寝ではありますが、枕投げができるかもしれません。

<宿泊料金>

宿泊棟も、テントも、大型テントも、おひとり500焚の宿泊料金をいただきます。

ご連絡ください

宿泊、研究発表を希望される方は、下記のフォームからご連絡ください。宿泊人数、発表内容なども詳しくご記入ください。

案内カード

クリックすると拡大されます。印刷して、お友達に渡してあげましょう。


inserted by FC2 system